引用元: 今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 その21

172: 名無しさん@おーぷん 2018/01/13(土)22:16:35 ID:N7a
私の実家では裏山でタケノコが採れる。

5年ぐらい前、
息子の幼稚園を介したママ友が数人いて
子供たちがタケノコ掘りの様子をテレビで見て
やってみたいと言い出したので
良い経験になるだろうと思い、
実家に打診したらOKが出た。

それでうちの子と、ママ友AとBと
それぞれの子供ひとりずつ連れて実家に行った。

父が案内してタケノコ掘りを子供たちに教え、
子供たちは大はしゃぎだった。


その時に、父が「またいつでもおいで」
と確かに言った。

言ったけど、社交辞令とまでは言わないけど
普通に考えて又みんなで遊びにおいで
ぐらいの意味だと思うんだ。

だけどその直後、Aが旦那さんと子供と、
男女数人を連れて事前連絡もなくいきなり現れたそうだ。

現れたと言ってもちゃんと訪問してきて
お願いするんじゃなくて、
たまたま裏に出たら
入っていくワゴンを見つけて声を掛けたら
「またタケノコ掘らせてもらいに来ましたー」
って山に入って行ったそうだ。

その時は私から連絡あったっけ?とか考えちゃって、
咄嗟には曖昧な挨拶しかできなかったそうだ。

ところがばあちゃんが、行李にタケノコを
一杯詰めて車に積んでる輩がいるって父に知らせにきた。

まさかそんなにと思ってビックリして
駆け付けた時にはもういなくて、
私にこの時点で連絡があった。

私もびっくりしたし、
とにかくこちらで話をしておくから、ごめんね、
って謝った。

単なる体験学習のつもりだったのに、
大勢で来てたっぷり掘って
たぶんどこかで換金したんだろう。
とても食べきれる量じゃないらしいし、
新鮮さが命なんだし。

腹の虫がおさまらなくて、
翌日幼稚園で他のママ友もいるところで
「昨日のあれはどういう事?」って聞いたら
「あとで話しましょ~」って逃げようとしたから

「子供の経験の為にいいと思ったから
実家の山を提供したのに
私の実家に勝手に大勢ぞろぞろ連れて行って、
無茶苦茶に掘り起こして行ったそうじゃない。
非常識にもほどがある。二度とこないでね」
って言ってやった。
その日からAはなんかヤバそうな人って思われていた。

5年も前のことを何故思い出したかというと、
小学生になった息子の友人の母親と話してたら
手癖の悪い子がいて困ってる、
息子との付き合いを止めさせたいって悩んでて
その手癖の悪い子ってのが、
あの時のAの息子だと判明したから。

Aの息子が遊びにくると必ず何か無くなるらしくて、
トラップとカメラ仕掛けておいたら
やっぱりAの息子だったらしい。

小学生ですっかり親のよくない教育が行き届いたようで、
話聞いててゾッとしたわ。
1001 : 私『うちの実家の裏山でタケノコ採れるよ』ママ友「子供連れて行くね」私『どうぞ』→その直後、ママ友が男女数人を連れて現れ…の名無しさん : 2018年01月21日06:45
ブログパーツ