2013年06月

馬鹿嫁が祖母の印鑑や通帳を先に奪おうとした

このエントリーをはてなブックマークに追加

引用元: 今までにあった修羅場を語れ 2

633: おさかなくわえた名無しさん 2013/04/04(木) 15:08:46.91 ID:UE5YfMxU
長いから目が滑る人はスルーして下さい

祖母が亡くなった時が丸ごと修羅場
検査入院の時に突然死で何時亡くなったのか看護士も分からない

長男嫁は母方親族の間ではキチ嫁で煙たがれていたが、
死亡手続きするには家族が揃わないと駄目

長男嫁宅には4時半には連絡が入っていたのに、病院に来たのは8時半
仏様の目の前で且つまだ病院なのに、嫁の復讐?なのか喚く

お陰で冷凍庫以上に凍りつく雰囲気にビビって、祖母の遺体の所に逃げる
…色々ありすぎるから割愛

1番凄かったのは、馬鹿嫁が祖母の印鑑や通帳を先に奪おうとした事。
祖母の病院にいつも持って行ってたバックを知ってたのは、
付き添いをしていた孫の私だけだった

入院の時の荷物をアレコレとまとめつつ、そのバックに何が入ってるかも知ってたので、
さり気なく私が勝手に預かっていた。

祖父母宅に戻り、そのバックを絶対にあの馬鹿嫁は探すと知っていたので、
蔵の中に隠す。
後々問題が起きても大丈夫な様に、灯台下暗しな場所を狙って保管。

案の定、深夜2時過ぎに馬鹿嫁から我が家に電話
父なんの事か分からず、それでも電話口で喚き散らす馬鹿嫁
→父がキレ気味に私に何をした?って言うから、
バックの事でしょ?って聞いたら父納得→朝になったら改めて此方から長男に直接連絡する、
と言ったら何か凄い事になってた。

電話口で良かった。
父がブチ切れしたらガチャ切りされたww
バックの中には、色々と遺産相続に必要な物が入ってたのです。

それを祖母は私にだけ話していたので、
そのまま行動に移したら馬鹿嫁の行動が案の定で、
話を知った親族が皆怒り爆発してて長男が平謝り状態だった。

納棺の儀も含めて丸3日、
馬鹿嫁に物凄い勢いで罵倒されいびられ続けたwww

元々、田舎の風習?なのは分かってたけど、更に度を増して、
それでも涼しい顔してたら最後は黙った。

というより、長男嫁と子供2人が形だけの長男の家族なので、誰にも相手にされなかった。
挨拶回りや接待やらは、全部私がやってたし、手慣れてるというのもあってか、
葬祭場にいる時にはいびれなかった。

式場で嫁子供が非常識な事を働いたので、思わず窘めたら散々喚かれたけど、
近くにいた父と親族で1番の権力のある方にフルボッコにされてたw

私だけ良い思いしてる気がした。役得。
傍目から見たら修羅場。


続きを読む

あれは姪っ子、実は年齢詐称で本当はあなたと同じ年

このエントリーをはてなブックマークに追加

引用元: 今までにあった修羅場を語れ 2

459: 310 2013/04/01(月) 20:37:44.93 ID:3WdwOgvM
誰も書いてないから投下するわ。
文才なからままたグダグダと長い。スマン。

当時まだあめぞーしかない頃のはなしな。
俺 26 社会人:独身
Y  24 フリーター:独身

同僚と居酒屋で飲んでるときに隣に
女の子二人組がいたのでナンパ。その際連絡先を交換。
翌日Yから今度は2人でデートしましょうって連絡がありそこからつきあいが始まる。

何度もデートするがホテルに誘っても親が来てるからとか姪っ子が来てるからって回答。
ある日の週末お昼からデートの約束してるのに来る気配がない。
何度も電話するが全く出ないので別の奴誘って遊ぼうとしてた所、Yから電話。

「今手が離せないのでちょっと遅れる」
「じゃあ時間潰してるわ」

と話してるYの後ろから子供の叫び声が。
「今のなに?」
「姪っ子を預かっててぐずってる」
「じゃあ今日は無しにしとく?」
「いや絶対行くからちょっと待ってて」

で6時間待たされ、さすがに馬鹿のオレも怪しさに気付く罠。
「なんか俺に隠してない?」
「別に・・・」
「あの子供まじで姪っ子?」
この後お互いに「ふじこふじこ」
「本当にあれは姪っ子。実は年齢詐称。本当はあなたと同じ年」
「ふじこふじこ (俺)」
が1回目の修羅場。


続きを読む

仕事大好き両親の元育った私と、継母と実父に疎まれて育った旦那が結婚する事になった

このエントリーをはてなブックマークに追加

引用元: 今までにあった修羅場を語れ 2

320: おさかなくわえた名無しさん 2013/03/21(木) 01:07:22.92 ID:5l3+oxtv
仕事大好き両親の元育った私と、継母と実父に疎まれて育った旦那が結婚する事になった時が修羅場だった。
私は小2の時から鍵っ子で、晩御飯をレンジで温めて、お風呂は家から徒歩五分の銭湯に通って、戸締りして一人で寝てた。
4年になって火の使用許可がでてからは毎日千円で朝晩作って、銭湯には通わなくてよくなった。
両親が揃ってるのなんて深夜から朝7時位までと三が日位
今でも両親は子供を作るべきではなかったと思う。
旦那は、産みの母が男と逃げて父は再婚
弟ができてからはあからさまな差をつけられ育ってきた。
聞いただけでも、旦那の持ち物はほとんどが貰い物で弟は新品、習い事に誕生日やクリスマスお年玉は弟だけ、高校の修学旅行は無駄だからと費用を出してもらえなくてバイトの貯金から出したetc.
ここまでが前置き
そんな私達が縁があって結婚しようとなった時に両家が口を出してきた。
挨拶はまずうちに来なさい(嫁にもらってやるんだから、嫁に出すんだから)
式はこっちでしなさい、いずれはうちと同居だからね(旦那側北海道、私側関西、私達家東京)で一歩も引かない
今更なに戯言言ってるのってのが第一の修羅場。
結局、挨拶も式もしなかったのが第二の修羅場、私も旦那も興味なかったからどうでもいいけど。
娘二人の時は連絡しても無視だったくせに、昨年末息子が産まれたことをどこからか聞きつけてすりよってこようと連絡寄越してきてるのが第三の修羅場


続きを読む

嫁が茹でてあるデカいタコを丸ごと買ってきた

このエントリーをはてなブックマークに追加

引用元: 今までにあった最大の修羅場 £51

929: 名無しさん@HOME 2012/07/30(月) 23:05:20.89 O
下らなかった事だけど修羅場。
文章苦手でフェイク混じりだから読み辛いかもしれない。

嫁は味覚音痴でメシマズ。
俺と子供が食べるものは嫁にとって不味くて、嫁が食べるものは自分にとって不味い。
だから常に、嫁には先に(嫁曰く不味い)俺達の飯を作ってもらってから嫁が納得出来るものを作って食べる生活だった。

そしてある日、嫁が茹でてあるデカいタコを丸ごと買ってきた。
大体1キロで七千円くらいだったらしい。
机に佇むタコを見て軽く心の中が修羅場。

足だけを買ってこればいいのに、丸ごとタコを買ってきた神経が分からず、子供の前で大喧嘩。
そうしたら嫁は荷物を纏めて出ていった。
子供は泣くしタコは置いてくしで再び修羅場。

数時間した嫁の母親から連絡が。
嫁は喧嘩の原因を話してないようで、困惑気味の義母にタコの事を話した。

義母が言うには、小さい頃から味覚が可笑しくて悪食。
それでも近所の漁師(嫁実家は港町)から貰う海鮮類は美味しいと食べており、
それから嫁の好物は牛乳味噌汁からタコに変わり、
朝晩と結婚する寸前までタコをかじってたらしい。

しかし結婚して子供も出来たからタコは食べなくなったようで安心していたが、今回こんな事になるとは思ってなかった、もう悪食も味音痴もあの子は治らないだろう、辛かったり疲れたなら離婚してくれても構わない、と。
たかがタコで離婚騒動になるとら思わず、また心の中が修羅場。

電話越しで嫁と話したり、色々相談して一週間。
離婚はしたく無かったから、ふた月に一度は丸ごとのタコを、
三日に一度はタコの足を買っても良いと条件を付けて戻ってきてもらった。

そしてタコ騒動から数年後の今。
悪食と味覚音痴はまだ戻らないが、嫁はオリンピックを見ながら今日も元気にタコの足をかじってる。

続きを読む
最新記事
スポンサードリンク
スポンサードリンク