2013年03月

父が死んでから数年過ぎ母は再婚を考えている

このエントリーをはてなブックマークに追加

引用元: 今までにあった最大の修羅場 £78

70: 1/4 2013/03/18(月) 12:32:35.72 0
長文を書いたことがないので読みにくかったらごめん。
後だししないように気をつけたら長くなりました。
フェイクは入れてる。

数年前、父が死んだ。
父は元々がん家系&男は早死に系の家の人で、早期退職で多めに退職金ゲット、
単身赴任先から帰ってきて半年ほどでまさに「ぽっくり」としか言いようのない死に様だった。
ローンの残ってた家は父の退職後は母が返していく予定だったが、名義が100パーセント父だったため?
かなにかで、返済もなしになったといっていた。
母は父とは10歳近く違う年の差結婚でまだ40代だった。ラブラブとまでは行かなかったが仲は良く、
父が帰ってきたときはくっついて一緒に眠ったりして、思春期には恥ずかしくて怒りがあった覚えがある。
父の死について、母は「嘱託で働く予定で契約もしてたのに、そちらに迷惑がかかるのが心配」といった程度で、
仲が良かった割にはけろっとしたものだった。
むしろ、あまり親交のなかった親戚が「嫁子(母)による殺人だ、退職金目当てだあいつは浮気している」とかうるさかった。

しばらくして母に呼ばれ実家に帰ったとき、実家の近くでAさんという人を見かけた。
Aさんは昔、私も所属していた子供野球のコーチをしてた人。
それだけに子供あしらいが上手く、私も大好きだった。
いつも笑ってて子供にも舐められやすい人だったが活動には真剣で、怒ると怖いコーチだった。
ご近所さんといえばご近所さんなのでそのときは「Aさんだー」と思っただけ。
で、実家に帰ったら母は言う「お母さん、再婚しようと思うの」。
相手はやっぱりAさんだった。


続きを読む

中3の時にいじめの復讐をした話

このエントリーをはてなブックマークに追加

引用元: 胸がスーッとする武勇伝を聞かせて下さい!(107)

618: おさかなくわえた名無しさん 2012/03/18(日) 15:29:13.52 ID:IQJCl0Sx
中3の時にいじめの復讐をした話なんだけど武勇伝には微妙だがなんとなく

俺は当時デブでメガネで成績も悪いといういかにもいじめの標的にされそうなタイプだった。
やってきたのはクラスのリア充グループで表面上は優等生だから私立故に彼らの悪行は見て見ぬフリをされた。
だから奴等は何人もいじめてきたが、俺は過去のいじめられてきた人達とは違っていた。
執念深く根暗で無駄にプライドだけは高くやられたらやり返すべきと思ってたから徹底的に反撃してやった。
殴られたら殴り返し喧嘩するのは当たり前、毎日そいつらの誰かと喧嘩してた。

続きを読む

私「夫くんより先にトメさんと出会いたかったな~」 姑「……は?」

このエントリーをはてなブックマークに追加

引用元: 勇者降臨 義理家族に言ってスカッとした一言 其158

509: 名無しさん@HOME 2012/05/17(木) 17:59:45.88 0
同居トメに冷めた。
ミネストローネを作るために野菜を細かく切っていたら、トメが手元を覗き込んできた。

姑「あらら~頭おかしい人みたいにグチャグチャ切り刻んでおっそろしいわ~」
私「早く火が通るようにです」
姑「せっかくお父さん(舅)が育てた野菜をよくもまあそんな雑にな~嫁子の性格がよく出とるな~」
私「夫くんより先にトメさんと出会いたかったな~」
姑「……は?」
私「こんな女の息子だって最初から分かってたら…」

目を白黒させるトメを完全に無視してそのまま包丁を置いて火も止めて家を出た。
今から隣市に済んでる弟のところに行く。いい嫁キャンペーンってやつだった。バカだった。なんかもうすーっと冷めた。いろいろ。


続きを読む

実家が賃貸マンションだったから破談にして欲しいと連絡が来ました

このエントリーをはてなブックマークに追加

引用元: お見合いから付き合い始めて婚約するまでのスレ40

273: 愛と死の名無しさん 2012/12/29(土) 20:21:44.79
クリスマスにプロポーズした人はいい年の瀬を迎えているんだろうなぁ

280: 愛と死の名無しさん 2012/12/30(日) 07:56:21.56
>>273
イブに相手を実家に呼んで両親と顔合わせしましたが
翌日に破談にして欲しいと連絡が来ました。
理由はうちの実家が賃貸マンションだったからです。
そんなにみすぼらしいマンションではないのですが
ネットで家賃などを調べたらしく、嫌味を言われました。
実家が一戸建てじゃないと無理な世界なんですね、見合いって。
しかし実家に頑なに連れて行かないと、それはそれで変な疑いをかけられるし
受け入れてくれる人を探すしかないです。
今までの人生の中で最悪なクリスマスでした。

続きを読む
最新記事
スポンサードリンク
スポンサードリンク