結婚に関する喜びや悩みをまとめています。今年もよろしくお願いします!

母の夜勤と準夜勤の日は、祖母の家に預けられることに

このエントリーをはてなブックマークに追加 Comment( 4 )

引用元: 今までにあった最大の修羅場 £78

660: 名無しさん@HOME 2013/03/27(水) 08:25:51.19 0
別の話を投稿します。
現在私は40代後半ですので、昔の話です。
母の実家が商売してましたがうまくいかず、父方の祖母にも借金して倒産してしまいました。
そのため母が働きに出て祖母にお金を返すということになったそうです。
今から考えると倒産して自己破産しているのだから、母が返すという義務もなかったのに
祖母から返せと強く責められて、そうなったようです。
その当時私と妹は小学生で、母は看護婦で三交代の勤務が一番収入がいいからと
大きい病院に勤務しました。夜勤と準夜勤の日は、祖母の家に預けられることに
なりました。
それから私に楽しい日が一日も無くなりました。私は母方によく似た容姿で妹は父そっくり。
父は祖母似でしたので、祖母は自分によく似た妹をべたべたに可愛がり、私をいらないものとして
扱い始めました。最初は私だけおやつなしぐらいでしたが、だんだん私だけご飯はコッペパンのみ
とかみんなが食べたおかずの食べ残しを、おひつに付いたご飯を洗って集めたごはんと
一緒に食べさせられるようになりました。その当時すでに祖父は亡くなっており
父も一人息子。その父も祖母に従う人で、私が一緒に食卓について無くても
なんら反応もしてくれませんでした。母にはなんども訴えたのですが、母も祖母に反抗でき
ないのかこっそりお金を渡されて、買い食いするように指示されるだけ。


続きを読む

いじめられっ子がいじめっ子に反撃したら、その両親が反撃した子の家に抗議に来た

このエントリーをはてなブックマークに追加 Comment( 2 )

引用元: 今までにあった最大の修羅場 £78

229: 名無しさん@HOME 2013/03/19(火) 20:46:28.79 0
いじめられっ子が、いじめっ子に反撃したら、その両親が今で言うモンペで発狂して、反撃した子の家に抗議に来た。
しかし不幸な事にその子の兄が札付きの不良(ビーバップ時代)で2階で不良仲間と歓談中だった。
「うっせーぞコラァ!」
と6人がかりでフルボッコで、さらに先輩の車に乗せられてどっかに連れて行かれた。
次の日からいじめっ子は学校に来なくなった。
その光景を隣の家から明かりを消して見てたのが、我が生涯最大の修羅場。
隣家の兄弟は今でも元気にやってるが、いじめっ子一家は知らない、知りたくもない。


続きを読む

母親の介護が必要になった時、兄は地元に住んでるしお前は帰ってこなくていいと言った

このエントリーをはてなブックマークに追加 Comment( 2 )

引用元: 今までにあった最大の修羅場 £78

49: 名無しさん@HOME 2013/03/17(日) 17:45:08.92 0
モヤモヤした気持ち吐き出す。スレチだったらごめん。
俺の家、両親がいわゆるダメ親。
顔は似てるのに、優等生で人にも好かれる兄と、頭も運動神経も悪くて人にも嫌われる
ことが多い俺、という双子を、兄に冷たくして弟を溺愛して差をつける、みたいにして
育てる親だった。虐待ってわけじゃないけど、俺が通知表がほとんど3とかで美術が5、
兄は通知表がほとんど5で、美術だけ3とかとってたら、「こういう芸術ができる人間は
何だってできるようになる。逆に芸術の理解がないのは人間として悲しい」って
話すとか、全部そんな感じで育てられてた。
クリスマスプレゼントで、俺のリクエストばっかりとおって、兄はほしくもない俺がほしいものが
用意されているのが毎年だったし。二言目は「おにいちゃんだから我慢しなさい」だし。
でもさ、こういうのって甘やかされる方もきついわけじゃん。
運動会で一緒に弁当食べてるのに、俺の方ばっかりちやほやして、兄はポツンとかも
同級生に見られてるわけだし。それが原因でからまれたりもするし。
でも注意したって、「そんなことしてない」って開きなおるばかりで改善なんてしない。
だから親のことは正直好きなんかじゃないし、兄とも小学校中学年ぐらいから距離置いてた。
逆に兄はできたやつだから、くったくなく俺のミスのフォローとかして、余計周囲には
好かれるし親は「こざかしい」とかで嫌うし俺はみじめだし、みたいなゆがんだ感じだった。
大学で別れて、親とも離れて、ようやく自由になったって思ったよ。
そんで就職もその場所でして、実家にもあんまり帰らずにいて、お互い結婚して
今俺たち30代後半になって、というのが前提。


続きを読む

不良みたいな男が 「ねぇちょっと貸してくれない。千円でいいからさ。」とずずっと近寄って来た

このエントリーをはてなブックマークに追加 Comment( 0 )

引用元: 今までにあった最大の修羅場 £77

861: 名無しさん@HOME 2013/03/13(水) 20:27:00.87 0
プチですが
高校生の時、一時間に2~3本しか電車がこない駅なので
一人で待合室でだるまストーブにあたっていた。
見かけない不良みたいな男が
「ねぇちょっと貸してくれない。千円でいいからさ。」とずずっと近寄って来た。
びっくりして勢いよく立ち上がり、駅員がいる方に逃げて行こうとしたら
その男が私の前に回り込み、抱きとめようと手を広げた瞬間
どんっと駅の人気者の猫がそいつの腹に飛び乗り、爪を立ててのぼり顔まで行って
ばりばり!と引っ掻いた。その猫はみんなが可愛がって餌を与えすぎるので
かなり巨大猫で、今と違って猫の爪は切ってない。
ものすごく痛かったはずだ。なんか叫び声をあげて逃げて行った。
その声にホームにいた駅員さんと横の売店の飼い主のおばさんも飛んできた。
駅員さんが駐在さんを呼んできて一応話はした。
猫はたしか「みけお」って名前でした。三毛猫じゃないのに三毛猫雄だったら
貴重なのにねって売店のおばさんが付けたとか。
私はみけおの大好物のちーかまを駅の売店で買って、お礼に食べさせて来ました。
今はそんな塩分の多いものを猫に食べさせないでしょうが
そんなのが普通ぐらいだった昔のお話です。


続きを読む
最新記事
スポンサードリンク
記事検索
スポンサードリンク